どうやって飲む?

薬よりも穏やかな効き目

なかなか眠れない、夜中に目覚めてしまうなど不眠の悩みを抱える人は多いですが、睡眠不足は美容にも健康にも良くありませんし、判断ミスなどを起こす原因ともなってしまいます。仕事でミスをしないためにも、気持ちよく一日を始めるためにも睡眠はしっかりと取っておきたいですが、不眠の悩みを抱える人は多く、努力していても改善が得られない人もあります。 とはいえ、睡眠剤は副作用もありますし、依存してしまう可能性もあり、抵抗を持つ人は少なくありません。 睡眠の悩みをより穏やかに解消するなら、睡眠サプリがおすすめです。こちらは薬とは違い大きな副作用の心配もなく、穏やかな効果が期待できます。 飲むタイミングは商品ごとに違いあり、睡眠の1時間程度前に飲むものもあれば、日中に飲むタイプもあります。 まずは、それぞれのサプリメントの特徴や飲み方を確認し、正しい使用を心掛けましょう。

カフェインやアルコールとの併用は避ける

睡眠サプリを飲むときに気をつけたいのはアルコールやカフェインとの併用を避けるということがあげられます。
アルコールは眠気を誘うのに役立ちますが、途中で覚醒してしまうことも多く、カフェインは脳を覚醒させ入眠を妨げてしまいます。
それゆえ、寝る前はこうした飲料は避けておきたいところです。最近はノンカフェインコーヒーなどカフェインレスの飲料も増えていますので、寝る前に飲むならこうした飲料を選ぶことがおすすめです。
それからサプリメントを飲んでいても、寝る前にいつまでもテレビやパソコン、スマートフォンなどの画面を見ているとブルーライトが眠りを妨げてしまう可能性もあります。
良い睡眠にはリラックスも大事ですので、寝る前はできるだけリラックスできるよう心掛けましょう。

毎日の睡眠不足が、少しずつ積み重なって生じる「睡眠負債」。気にせず放っておくと、生活の質が落ちるだけでなく、高血圧症や認知症・がんなどの病気のリスクが高まると言われています。